2006年 01月 17日 ( 1 )
今日は1月17日
阪神淡路大震災の日でした。
忘れていました、申し訳ないです。。

早いものであれから11年になるのですね…

当時わが家では上の息子が豊中に住んでいました。
あの日は遠く離れた我家でもゆれました。
震度2~3ぐらいでしょうか、それほどではありませんでした。
最初TVでは京都が震度5などと話をしていたので豊中もゆれたかなぁ~
ぐらいに思ってしばらくそのままTVに見入っていました。
そうしたらやがて息子から一本の電話が!

「部屋のテレビが飛んだりしてるけどオレ大丈夫だから…」

めずらしく早朝から息セキきってやや興奮した声
エッ、なに、なに?  どういう事?

息子は前日に近くのお友達の部屋に泊まっていたそうです。
そこで震災にあって慌てて自分のアパートまで帰ってきたそうですが
途中には瓦が飛んでいたり塀が壊れていたりしていてやっと帰ってきたとか。

「身体は何とも無いよ」

「あぁそう。よかったね、わかったよ。」

すぐには事の重大さを分かりもせず、こちらより少しユレが大きかったのかなぁ
ぐらいに思って電話を切りました。

それから暫らくして大阪、そして神戸のものすごい光景が飛び込んできました。
さあ、それからどれだけ電話をしてももう繋がりません。
もし電話で知らせてくれていなかったらどうしていたでしょうか
心配で心配で、きっと主人は水と食料と持って電車に飛び乗っていたと思います。

よくぞ無事を知らせてくれたと息子に感謝しました。

お蔭さまで息子は被災しましたが豊中はまだまだ良い方だったので
無事に乗り切ったようです。

大勢の方々がお亡くなりになっています。
どうかご冥福をお祈りいたします。
そしてまだまだ大変な思いをしていらっしゃる方が
これまた大勢いらっしゃると思います。
こんな災害はもういらないですね。



アネハさんや土建屋さんたち、手を合わせたのかしら…
[PR]
by dekari3 | 2006-01-17 21:54 | 国語(おはなし)